部分断熱のリフォームとは?費用やメリット、注意点を解説!|断熱リフォームの匠

コラム

2020.05.23 / 2021.05.24

断熱リフォーム

部分断熱のリフォームとは?費用やメリット、注意点を解説!

断熱材の搬入

WRITER

WRITER

矢崎 拓也

環境省認定うちエコ診断士

株式会社テオリアハウスクリニック入社後、断熱事業に携わる。現在は既存住宅の断熱調査を中心に、セミナー講師や各媒体からの取材など、社内の断熱体制強化にも取り組む。

部分断熱を行いたい人
「部分断熱リフォームを考えています。部分断熱で得られる効果や費用などについて知りたいです。」

このような疑問にお答えします。
このページを読んでいただければ

  • 部分断熱リフォームの効果
  • 部分断熱を利用するメリット
  • 部分断熱リフォームの費用
  • 部分断熱リフォームを行う際に注意すること

これらについて知ることができます。

そもそも部分断熱リフォームとは

断熱材の施工後

部分断熱リフォームとは

「ある一定の空間竹断熱効果を上げる工事のことを言います部分断熱リフォームを行うとこと」

をいいます。部分断熱リフォームは

  • 生活空間が限られているので断熱効果は高くなくていい
  • すべての空間で断熱リフォームを行うとコストがかさむので安く抑えたい
  • 補助金を受け取れるだけの条件を満たす断熱リフォームを行ないたい

という方におすすめです。

2019年に国により行われた「次世代住宅ポイント制度」では外壁と屋根・天井で3.0立方メートル、床で1.5立方メートルといった範囲の断熱改修を行うことで家電製品や日用品などの商品と交換ができるポイントを受け取ることができました。

2020年度に施行される「断熱リノベ」でも、条件さえ満たせば部分断熱リフォームにより補助金を受け取ることができます。

部分断熱を利用するメリット

部分断熱リフォームには

  • 部分的な費用を抑えることができる
  • 一定の空間にすべてのコストをさける

などのメリットがあります。

例えば壁の断熱材をリフォームするとして全ての壁に施工を行っていては莫大な費用がかかってしまうところを、部分的な空間の壁や床の断熱性能をピンポイント高くするので、費用対効果を高めることができます。

部分断熱リフォームの費用

断熱リフォーム工事は基本的には施工単価が決められており、「施工面積×㎡あたりの単価」で価格が決まります。しかし施工範囲が限られている部分断熱リフォームでは「どれくらいの広さまではこの価格で行う」という「一式価格」での施工を行うケースもあります。

例えば断熱リフォームの匠が取り扱う床下の部分断熱リフォームでは

  • 6畳まで:一式100,000円(税別)
  • 12畳まで:一式200,000円(税別)

で取り扱っています。細かい調整ができない場合もありますので、事前に断熱リフォームを取り扱う業者に確認をしておきましょう。

部分断熱リフォームを行う際に注意すること

断熱材の素材によっては部分的な施工が想像もできない場合もありますまた効果的な断熱効果が得られない場合もありますので注意が必要ですまた断熱材の形状によっても全面の施工以外は難しい場合もあります

  • 部分的な施工では断熱効果がないこともある
  • 家の中の温度差が上がる可能性がある
  • 断熱材によっては部分施工が難しい場合もある

部分的な断熱リフォームでは効果を得られない場合もある

部分的な断熱リフォームを行う際は、断熱性能を上げたい空間が正しく断熱効果を得ることができているかをしっかりと確認する必要があります。

例えば内窓の部分断熱を行う場合は、

「家の全ての窓に内窓をつけるのは金銭的に厳しいのでリビングにだけ取り付けよう」

と考えたとします。確かにリビング1箇所の断熱性能を上げることはできますが、その際はリビングの全ての窓に内窓を設置する必要があります。

施工を行なっていない窓があると、そこから部屋の熱が逃げ出してしまい、正しい断熱効果が得られないからです。

また、「2階の洋室の部分断熱工事を行ないたい」と考えたときも、建物の構造によっては1階の床の部分断熱工事を行なわないと、正しく断熱効果が得られない場合もあります。

断熱材の本来の性能を発揮するためにも、施工範囲は事前にしっかりと確認しておく必要があります。

部屋と部屋間の温度差に注意する必要がある

部分断熱リフォームでは、決められた空間の断熱性能をあげるので、普段過ごしている空間とそれ以外の空間とで温度差が上がってしまう可能性があります。日本では毎年温度差が原因の心疾患「ヒートショック」で毎年多数の高齢者がなくなっています。特に洗面所やトイレは外の気温と同じくらいまで室温が低下してしまうので高齢者がご家族にいる家庭では電気ヒーターなどでそういった場所の室温を高くする工夫をしたほうがいいでしょう。

そもそも部分施工が難しい場合もある

断熱材の素材や断熱リフォームを検討している部位の組み合わせによっては部分的な施工が難しい場合もあります。例えば繊維系の断熱材である「セルローズファイバー」を用いて天井断熱のリフォームを行う場合、繊維質の断熱材なので部分的な施工がどうしても難しくなります。「この断熱材で断熱リフォームを行いたい」といった考えを持っている方は希望通りの施工が可能なのかしっかり確認をしておきましょう。

まとめ

今回は部分断熱リフォームについてご相談してきました。断熱リフォームの匠ではお家の小屋裏や床下の無料断熱診断をおこなっています。もし「この部屋が寒いんだけど断熱リフォームを行えるかどうか知りたい」という方は是非ご相談ください。皆様からのご連絡、心よりお待ちしています。