断熱リフォームとはどんなリフォーム?効果や方法などを解説!|断熱リフォームの匠

コラム

2020.12.15 / 2021.06.29

断熱リフォーム

断熱リフォームとはどんなリフォーム?効果や方法などを解説!

WRITER

WRITER

矢崎 拓也

環境省認定うちエコ診断士

株式会社テオリアハウスクリニック入社後、断熱事業に携わる。現在は既存住宅の断熱調査を中心に、セミナー講師や各媒体からの取材など、社内の断熱体制強化にも取り組む。

「断熱リフォームとはどのようなリフォームですか?よくわからないので詳しく知りたいです」

このような疑問にお答えします。

断熱リフォームとはこんなリフォーム!

断熱リフォームの準備
断熱リフォームとは、建物の断熱性能を今の新築と同じくらいにまで引き上げるリフォームのことをいいます。

とはいえ断熱性能と聞いても「どこかを新しくするんだろうな」というのは分かっても

  • 何をどうするのか
  • どんな事をやるのか
  • 何かメリットはあるのか

をイメージできない・・・と思われているのではないでしょうか。

このページでは

  • 断熱リフォームの効果
  • 断熱リフォームの工事内容
  • 断熱リフォームにかかる費用
  • 断熱リフォームの事例
  • 断熱リフォームの流れ

について、ご紹介していきます。

断熱リフォームの効果


そもそも断熱リフォームにはどのような効果があるのでしょうか。

断熱リフォームは今の家が

クーラーをつけても天井が暑い・・・
暖房をつけても足元が冷える・・・

と感じてしまう人のためのリフォームです。
断熱リフォームを行えば今の家を

  • 夏でも涼しい
  • 冬でも暖かい

家に変えることができます。

詳しくは断熱リフォームを徹底解説!効果や種類、費用とは?【保存版】で解説しています。

断熱リフォームはどんな工事をするの?

断熱リフォームが具体的にどんなリフォームなのかというと

  • 壁、床下、天井などに高性能な断熱材を取り付ける
  • 高性能な窓を取り付ける

といったリフォームのことをいいます。

寒さや暑さを感じやすいのは「いい断熱材や窓が使われていないこと」が原因ですので、高性能なものと取り替えてしまおうというのが断熱リフォームの発想です。

とはいえ、建物のすべての部位の断熱リフォームを行おうとすると費用もかなりかかってしまいますので、最初はより大きな効果が得られる場所からリフォームするようにしましょう。

おすすめは高性能な「窓」を取り付けるリフォームです。まずは窓の断熱性能に注目してみましょう。

窓の次に優先すべき断熱リフォームですが、詳細は断熱リフォームには優先順位がある!プロがコツを伝授!にてご紹介していますので詳しく知りたい方は併せてご覧ください。

断熱リフォームにかかる費用


断熱リフォームにかかる費用は

  • 建物の大きさ
  • どの部位の断熱リフォームを行うのか
  • どのような方法で断熱リフォームを行うのか

などにより変わってきます。
また、断熱リフォームの方法には

  • 内装を壊して行う
  • 内装を残したまま行う(非破壊工法)

という2つの方法があります。

元々の内装をそのままの状態で残して行えるリフォームは「非破壊工法」とも呼ばれます。

非破壊工法のリフォームは、内装をそのままにする代わりに費用を安く、工期を短くすることができます。反対に床を剥がして行うリフォームは内装ごと取り換える本格的なリフォームになりますが、その分費用もかかります。

状況に応じてどちらの方法でリフォームを行うかを判断するといいでしょう。

断熱リフォームにかかる費用の具体的な例は「断熱リフォームにかかる費用はどれくらい?目安について解説!」でご紹介していますのでより詳しい目安を知りたい方はご覧ください。

断熱リフォームの事例

断熱リフォームの匠では「非破壊工法」による断熱リフォームを手掛けています。「実際に断熱リフォームを行なった事例を見てみたい」という人のために、これまでに断熱リフォームの匠が行なってきた断熱リフォームの事例を少しだけご紹介します。

断熱の入っていない床下の断熱リフォーム(埼玉県)

床下の断熱リフォームの事例です。築30年以上の木造住宅で当初は断熱材が入っていなかった床下でしたが、断熱リフォームにより新築と同等の床下断熱の性能を持った断熱材を床下に取り付けました。

床下・屋根裏・開口部を同時に断熱リフォーム(松戸市)


築20年程度の物件で、床下・小屋裏・開口部(窓)の断熱リフォームを同時に行った事例です。リフォームは市や国の補助金も使って行わせていただきました。

断熱リフォームを申し込むまでの流れ


最後に断熱リフォームの匠が行なっている断熱リフォームのお申し込みまでの流れをご紹介します。

断熱リフォームの匠の断熱リフォームは

  1. 点検スタッフによる無料調査
  2. 工事スタッフによる実際の断熱リフォーム

という流れで行います。
点検スタッフがお伺いした際は

  • ヒアリング(寒さや暑さが気になる場所など)
  • 床下・小屋裏・窓などの断熱性能の調査
  • 断熱リフォームの提案・お見積書の作成

などを行います。(ここまでは費用は発生しません)

調査のお申し込みはメール、またはお電話にて受け付けています(断熱リフォームの匠の受付スタッフがご対応させていただきます)。

工事が決まった場合は、後日施工スタッフが改めて断熱リフォームの施工にお伺いします。スタッフは施工の規模により1〜4名程度でお伺いします。施工にかかる期間は工事の規模により異なりますが、基本的には1日〜2日で終えることができます。

まとめ


今回は断熱リフォームについて、効果・費用・施工事例などをご紹介してきました。

建物の断熱性能は快適な暮らしを送る上で、大きな役割を果たします。

とはいえこれまで日本では断熱性能があまり注目されて来なかったことから、多くの住宅では断熱性能が不十分だと言われています。

断熱リフォームの匠では建物の断熱性能を今の新築住宅と同じ水準まで引き上げる断熱リフォームを行なっています。

「冬でも暖かい家、夏でも涼しい家にしたい」と思っている方は是非お気軽にご相談ください!